ママの食べ物が原因?

夜泣きに利く、あらゆる対処法は様々なサイトからで発信されています。それが、我が子に通用するかは…?はさておき、まずはネット等の情報から…

「夜泣きをしているのは我が子だけではないのだ~!」と思えれば、ママの気持ちも少しは楽になるかと思います。育児中のママのイライラやストレスは、見えない力で赤ちゃんに伝わっているのですよ!赤ちゃんだってママを困らせたくて夜泣きをしている訳ではありません。そして、赤ちゃんが誕生してくるまで、ママと赤ちゃんは2人でひとつでした。

そんなところから、夜泣きをする原因の一つとして、赤ちゃんの夜泣きの原因は、ママの食べている食べ物なのでは…?という説もあります。確かにチョコレートを過剰に食べている人は、少しの出来事でも切れやすいと言われています。

その理由としては糖分(白糖)の摂りすぎだと言われています。『砂糖は麻薬』と言われている様に、妊娠中や授乳中の時にはママの食べている物が、赤ちゃんへのご飯となるのです。例えば過剰な量のチョコレートを頻繁に食べていたとしたら、赤ちゃんへの殆どの食事が糖分という事になりますよね!なので、赤ちゃんの夜泣きも、ママの食べている物が原因と言われてしまっても成立してしまうのです。

という事は、単純にママの食生活をこの時期だけでも変えて上げる事も、夜泣き対策の一つなのだと言う事が言えます。確かに、誕生するまでの赤ちゃんの日々は、常にママと一緒だったわけですから、ママが好きな物は赤ちゃんも好きなはずですよね!

気休めかもしれませんが、不眠症におススメな食材を積極的に摂取するのも、対処法の一つになります。そして、この時期にはママのストレスも疲れもMAXになってしまう事でしょう。出来るだけタンパク質を摂って、疲れにくい体質にして上げるのもおススメです。夜泣きの大きな原因は分かっていない分、まずはママの食生活を見直してして上げましょう。

ママ自身を改善する事の方が、手っ取り早い対処法なのかもしれません。夜泣きに対して、悩んでいてもきっと答えは出てこないと思います。なぜなら?悩んでいる相手はまだ、きちんとした会話の出来ないチビっ子だからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ