情報収集は市役所を利用しよう

夜泣きが始まると、まず最初にすることといったら、夜泣きの対処法や夜泣きの原因の情報収集することだと思います。今では分からないこと、調べたい事は、簡単にネットで検察出来る便利な世の中なので、対処法を見つける事で苦労することは無いと思います。

ただ、ネットだけでの情報では、偏った情報しか出てこない!といったケースも多いと思います。ネットで検察という方法をプラス、出来るだけ生身の情報を知るという事もおススメです。とは言っても、今回の育児が始めてで、身近にママ友がいない、そういった会話を出来る様な知人も友人もいないという人もいるかと思います。

そんな時には、遠慮などせずに役所にある子育て支援課を利用してみて下さい。子育て支援課は各種手続きの他に様々な子育てに関する相談が出来る場所でもあるのです。相談と言っても料金は無料ですし、時間が少しとれたから行ってみよう!程度の感覚で出向く事が出来ます。

場所によっては予約が必要な市や区もあるので、まずは電話連絡をするのがおススメです。そして子育て支援に力を入れている市や区の場合には定期的に、『夜泣き』や『子育・育児』に関してのセミナーや相談会を開催している地域もあります。時間があるママ達にはそういった場所にも是非!参加をしてみて下さい。

同じ悩みを持ったママ達が集まるので、何だかホッとする事も出来ますし、夜泣きで悩んでいる人が沢山いる!と感じられれば、育児もまた違った目線で楽しむ事が出来る様になると思います。

夜泣きが原因で、ママ自身が睡眠不足となりストレスが溜まり、一人で頑張り過ぎた結果、愛する我が子へ危害をあたえてしまったというケースも少なくありません。そんな事もあり、最近では役所の対応も以前よりもずっと、親切になってきています。地域にもよるかと思いますが、横柄な態度をとる職員は減ってきています。

役所は手続きをするだけの場所ではありませんので、辛いななぁ~と感じたら!と思ったらと同時に、誰かに話す!ただそれだけでもママのストレスがグッと解消されるはずですよ。年配の職員の方からは、気付けなかったアドバイスを貰える事もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ